CATEGORY

家計

お金をふやす手っ取り早い方法とは?

いつもお読みいただきありがとうございます。金融デザイン株式会社の石川です。 お金をふやすといえば「投資」とか「運用」というキーワードを思いかべる方が多いようです。新NISA制度もはじまりますますそんな思考になっている人が多いように思います。そのとおりなのですが、それらはお金をふやす一つの手段であって ・働く ・節約する ことでもお金をふやすことはできます。(至極当然) つまりお金をふやす方法は ・ […]

長く入っていた保険を見直すなら、知っておきたいこと

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。金融デザイン株式会社の高田です。 ここのところ、生命保険についてのご相談が何件かありました。30代、40代だと新しく保険に入ること も多いのですが、50代、60代になると必要のない保障を見直すことがメインになることが多いです。ところが、長く続けてきた保険を、やめるのは、勇気が要りますよね。 もしかしたら、やめたとたんに、保険が出るような何かが起きるか […]

あなたの健康保険料は高い?安い?

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 昨日、胃と大腸のカメラでの検査をしてきました。今回は何も問題はなし、また1〜2年後に検査してくださいね、で終了しました。私は以前、ポリープが見つかったり、胃の調子が悪い時があったりしたのでこれらの検査は、毎回「医師の指示」で行っている、というわけで健康保険が適用されます。さほど費用もかからず、 […]

住宅ローンの金利上昇にはどう備える?

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。金融デザイン株式会社の高田です。 日経新聞が配信していた「近づく金利がある世界、住宅ローンに逆風か」という映像を拝見していました。「金利がある世界」ってうまい表現ですね。ほんと、今はマイナス金利政策で、預貯金金利は無いも同然な世界です。でも、住宅ローンを借りていた方、特に変動金利型を借りていた方には、よき世界なのではないでしょうか。 配信では、物価も […]

ふるさと納税での被災地支援

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。 お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 新年あけまして、おめでとうございます。本年も引き続き、ご購読いただけるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。 さて、新年早々、能登半島地震による大変な災害に見舞わました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。被災地から離れた場所にいる人でも今できることの一つは、お金で支援をする […]

国が推奨する運動水準、どのくらいか知ってますか?

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 運動が健康に大きな影響を与えることはみなさんご存知でしょう。そして、健康であることはお金にも影響してきます。病気になり、病院にお世話になれば治療費がかかり、支出が多くなります。だからこそ、医療保険に入って備えたりしますよね。でも、影響があるのは支出だけではありません。働く意欲は健康であってこそ […]

ポイントは使い勝手の良さが大事です!

いつもお読みくださり、誠にありがとうございます。 お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 クレジットカードやポイントカードは還元率については注目されやすいのですが、どんなに貯まって、失効させては還元率にこだわった意味がありませんね。また、還元率が良かったのに、使う時の戻し率が悪いと損した気持ちになります。 ですので、クレジットカードなどを選ぶ際は、次の点にも注目してください。 ・ […]

金利が上昇し始めた!どんな影響がある?

お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 金利が上昇し始めましたね。今までは、預金に預けていても金利はほとんど付かず、そのため預金金利は気にするには値しない程度でした。10月末に日銀が今までの長期金利の上限を「1%」に抑えていたことを改め、「1%をめどにする」としたことから、このような動きになってきました。 ニュースになっているものでは、三菱UFJ銀行は、 5年定期 0.07% 1 […]

年収の壁って何ですか?

お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 政府の経済対策として、「年収の壁」の解消、という話題が出ています。「年収の壁」って何?と思っている方、実はいらっしゃるのではないでしょうか? なぜ「壁」なのかというと、収入がある金額を超えると  ・税金がかかる ・社会保険料がかかる ・扶養を外れる ということが起き、手取り金額が減るかもしれないためです。単身の方の場合は、勤務先で社会保険に […]

ふるさと納税を急ぐ前にちょっと考えてほしいこと

お金の知恵アカデミー(金融デザイン株式会社)の高田です。 10月からふるさと納税のルールが少し変わります。 ・返礼品は寄付額の3割以下、経費まで含めて5割以下のルールの厳格化 ・熟成肉・精米は同一都道府県産のみ(今までは、地元産のものではなくても、地元で加工していればOKだった) というわけで、より多くの金額を寄付しないと今までのような返礼品を受け取れなくなったり、肉や米の返礼品を出せなくなったり […]